[涼風涼] 白詰草 アンラッキーガール

「あの子さえいなければ―」母親からもそう言われた少女・能馬優子。“アンラッキーガール”とつけられたのが優子の渾名だ。直訳すると「不幸な少女」だが、それはアンラッキーガールの本質を正確には伝えていない。正しくは「優子にかかわると不幸になる」だ。中学に進学した優子だったが、可愛がっていた猫が、敷き詰められた白詰草の上で惨殺されていた。

Download/ダウンロード/下载

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *